なぜファシリテーターを目指すのか

なんでファシリテーター目指すの?と聞かれました。笑

実は、ここ数年、自分の実力の限界を感じる局面が多かったからなのです。

10年以上IT/Web業界で活動し、それなりに結果を出して認められてきて、実力もついている中で懸命にやっても、結果が容易に出せない状況が続いてきたからです。

それなりには、クライアント企業でも結果を出せるのです。でも、それなりでしかないのです。

これはもしかすると、今までと状況が違うのではないか。と、気づいたのです。

明らかに、ビジネスを行う状況が変化していると、状況の悪さをひしひしと感じています。これは、深刻に考えるべき状況なのです。

 

Webコンサルタントとファシリテーターの違い

Webコンサルタントは、
Web関連、Webサイトの管理運用、SNSの管理運用、セキュリティ、まれに端末管理、Webマーケティング/集客/Web広告運用、アナログ媒体との連動 などを行っています。

ファシリテーターは、
会議やプロジェクトが円滑に、かつ課題を解決し、行動に結びつくように進むように進める役割を担います。

全く違う職種ですね。

Webコンサルタントとして活動していく中で感じた葛藤

ウェブコンサルタントとして活動していたかウェブコンサルタント以上に、組織やプロジェクトに訴求していく必要を感じました。

なぜかというと、どの企業でも、

・人材不足
・技術の進歩で知識がついていかない
・リーダーシップ不足

などの課題が多いのです。
同じ課題を抱えている企業が多いのです。

コンサルタントとしてアドバイスをしたり、サポートしている中で、企業さんの中に、人・モノ・金の資源のうちの特に「人材」の問題が大きいなと思ったのです。

経営やプロジェクト運営など根本的な手入れが必要だと感じることも度々でしたが、Webコンサルタントとしてでは、そこまで介入できません。
Web周りの対応だけで手いっぱいだからです。
※でしゃばりなので、時々は介入していましたが。

そして、コンサルタント的な役割で助言だけでするのではなく、実際に私自身もプレイヤーとして動きたい。
そう、切実に思ったのです。

ファシリテーターが必要だと感じた課題

特にどこの企業も、人材不足ですね。

特に、IT/Webのスキルを持った人材が不足していると実感します。Webコンサルタントとして、Webのアドバイスや提案をしてもそもそもWebに知識がある人はいないと適切な判断ができないようでした。

リーダー人材も不足しているようですね。

また、
Webマーケティングや集客では、集客フローやお客さんが来てからの課題調整全体のフローとしてのビジネスモデルなど、

考えるべきことがあります。

Webコンサルタントとしてだとweb周りのことだけになってしまいます。
集客フローやビジネスモデルなどと密接に関連しているのに。

ここから、実際に遭遇した、具体的な課題をいくつか紹介しますね。
特定できないように、少し事実を変えてお伝えします。

人材の問題

定期契約をしてくださった、小売業の経営者さん。
でも、毎月アドバイスすることになっても結局、従業員が対応してくれなくて、結果にもつながりませんでした。

私が内部に入って対応すれば早いなと思ったのですが、契約上それはできずに、結果を出せないまま、契約を終えることになりました。

もったいないなぁ。。。もうしわけないなぁ。。。と思ったのです。

私がファシリテーターとして現場(会社)に行かせていただいて、担当者をフォローしつつ一緒に行う形だったら、上手くいったんじゃないかと、とても反省しています。

集客後のフローやオペレーションの問題

その結果集客できたとしても社内で対応できなかったりする。その結果従業員の反感を買うことになりました。

従業員を家族のように大事に想うの経営者さんで経営者が売り上げを上げることで、従業員に給料たくさん払いたいと思っていたようなのです。業界的に、給料が安かったので。。。

そこを打破して、売り上げを上げて、従業員の給料も上げて満足感を上げることが、お客さんのためにもなると確信されていました。
しかし。集客して売り上げが上がった結果、オペレーション周りが忙しくなり、従業員の反感を買うことになってしまったのです。

Webコンサルタントとして、集客するだけでなく、ファシリテーターとして、一緒に会社を良くするお手伝いをさせていただき、
集客後のフローや従業員の心理的なフォローもできればよかったんじゃないかと、ファシリテーターとして動けばよかったなと思っています。

会議で決められたことが実施されない。上司も怒るだけ。

上意下達系の会社で、結果的に、上司が部下を叱りつけて仕事をさせる系の、ストレス値が高そうな企業さんのコンサルとWeb担当者さんのサポートを行っていました。

叱りつけて仕事をさせないと何も進まないような形で、
社員さんに前向きさが減っていました。

怒られないために仕事をするような感じになっていました。

まずは上司の方へのコーチングを行いつつ、部下の方々、部門スタッフの方には、「安心感」を与えながら仕事を進めるようにしたら、少しずつ仕事が進むようにはなってきました。

Webコンサルタントとしての仕事より、この案件では、コーチング&ファシリテーションのスキルが役に立った感じです。

ファシリテーターとしてあなたと一緒に課題を解決していきたい

私はコンサルとしてアドバイスと専門分野の対応だけでなく、実際に組織を運営するプレイヤーとして、ともに行動していきます。

ファシリテーターとして社内やプロジェクトに参加させていただき、Webだけでなく、仕事に関することを相談に乗ったり、解決案を一緒に考えたりと、ファシリテーションしていくことで、円滑に進んでいきます。

今は、外部の力が必要な事が多いです。

社内の方だけだとどうしても、滞ったり、仲良しでうまく伝えられなかったり、抵抗にあってしまったりしやすいです。

特に、基本的に人は変化したくないので、抵抗にあうことは多いです。そんなときにはメンタルの強さが必要になります。 

円滑にプレイヤーとして動くwebだけでない、全体のフローに関わる

経営者やリーダーのサポート、プロジェクトや会社、部署が動くように推進する

そんな形で、ファシリテーターとして活動していきます。

結果をどんどん出していきたいのに、クライアント企業での結果が今までのように簡単に出せなくなってきた中で、引退も考えました。

しかしそれよりは、もしかすると私も時代に合わせて変化していく時なのかもしれません。

そして。
新たに、ファシリテーターとして企業のお手伝いをして行く中で、私自身もビジネスマンとして成長していきます。

一緒に前に進みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です