高コンテキストと低コンテキスト

 

コンテキストの違いが大きいと、
なかなかプロジェクトや組織が進みません。

 

コンテキストとは、
コミュニケーションの背景となる状況のことです。

 

日本はコンテキストを重視する文化です。

 

わかりやすく言い換えると、
コンテキストとは、
文化や風習、「空気を読む」の空気感、
常識、ニュアンス、雰囲気のようなものです。

 

比較的、女性はコンテキストが重要です。

また、管理職や経営陣よりは、
現場で仕事をしている人は、コンテキストが重要です。

 

コンテキストというのは、
自然と理解できる方が多いのですが、

「コンテキスト」という表現にするとなかなか理解してもらえないので、

一度、高コンテキストと
低コンテキストを、

代表される単語にまとめてみました。

 

 

これで少しは、高コンテキストと、
低コンテキストがわかりやすくなるといいなぁ。。。

 

 

高コンテキスト

高コンテキスト、低コンテキストという概念は分かりにくいので、
高コンテキストを表す言葉を集めてみました。
これで雰囲気をつかんでいただけるといいなと思います^^

  • 忖度
  • 空気を読む
  • 察しの文化
  • 腹を割って話す
  • 釜の飯を食う仲間
  • 常識
  • 主観

コンテキストが高いは多いです。日本なので。

特に、ベンチャーよりは歴史が長い会社、昭和的な会社、大企業は、高コンテキストだなと感じます。
また、学校教育も、高コンテキスト人材を育てるようにできているし、地域活動でも、高コンテキストな人が多いと感じます。

低コンテキスト

  • 文書化された
  • 情報が力を持つ
  • 言葉通りに受け取る
  • 論理的思考
  • 明瞭簡潔
  • 圧迫感
  • ドライに効率的
  • ゴール重視
  • 客観

私はコンテキストが低いです。笑

空気があまり読めないのです。

また、物事をドライに進めてしまう傾向が強いし、論理的ではないものが苦手です。

意味のない飲み会も苦手でしたが、今はコミュニケーションの重要性がわかったので、飲み会もできるだけ参加しつつ、楽しめるようになってきました。

日本で生きて行く以上、低コンテキストだとやりにくいこともありますが、仕事を進めていったり、効率よく結果を出すためには、低コンテキストは悪くないですね。

ただ、どうしても高コンテキストな人と、低コンテキストの人は、議論がかみ合わない傾向があるので、お互い寄せていく必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です